亜無亜危異ヒストリー本「タブーの正体」

1980年代、若者の心に瞬く間に火を着け、黎明期におけるジャパニーズ・パンクロックを一気にムーヴメントへと押し上げた首謀者亜無亜危異。バンド結成から40年の時を経て不完全復活した今、数々の歌はリアルな言葉として、数々の伝説は壮絶なる事実として、改めて語られるバンド・ヒストリー。

四六版 320ページ
オリジナル特典:マグネットステッカー付き
出版社: シンコーミュージック (2018/11/21)
在庫状況 在庫なし
購入数
売り切れ